どんな給付があるの?

労災保険の給付には次のようなものがあります。
※業務災害には「補償」の文字が入り「療養補償給付」、通勤災害は「療養給付」などと表示されます。

 

療養補償給付・療養給付

病院等の治療費が支給されます。医師に治療費が直接支払われる現物支給が原則となります。労災で治療を受けるときは、健康保険のような3割の自己負担は必要なく、治療費の全額が支給されます。

 

休業補償給付・休業給付

休業期間中の生活保障として、休業4日目より給付基礎日額の6割(特別支給金と合わせて8割)が支給されます。

 

傷病補償年金・傷病年金

傷病が治癒せずに長引いて(1年6ヶ月以上)、傷病の程度が傷病等級の1~3級に該当するような重度の傷病である場合、上記の休業(補償)給付から年金給付へと切り替わります。

 

障害補償給付・障害給付

傷病が治癒して後遺障害が残った場合、障害等級の程度に応じて年金か一時金が支給されます。詳しくは「障害補償の具体的内容は?」をご参照下さい。

 

介護補償給付・介護給付

障害(補償)年金または傷病(補償)年金を受給中に、介護が必要な状態であるときに支給されます。

 

遺族補償給付・遺族給付

被災労働者が死亡した場合、遺族の人数や年齢に応じて年金か一時金が支給されます。詳しくは「遺族補償の具体的内容は?」をご参照下さい。

 

葬祭料・葬祭給付

葬祭の費用の一部として次のいずれか高い額が支給されます。
1) 315,000円+給付基礎日額の30日分
2) 給付基礎日額の60日分