障害補償の具体的内容は?

障害補償給付は、業務災害による傷病が治癒した後に後遺障害が残り、障害状態となったことによって失われる所得を補填するために支給される保険給付です。
(※通勤災害における障害給付も同様です。)

補償内容は障害の状態に応じて変わります。障害等級の1~7級に認定されると障害補償年金が、8~14級に認定されると障害補償一時金が支給されます。

障害補償年金 障害補償一時金
第1級 給付基礎日額の313日分 第8級 給付基礎日額の503日分
第2級 〃     277日分 第9級 〃     391日分
第3級 〃     245日分 第10級 〃     302日分
第4級 〃     213日分 第11級 〃     223日分
第5級 〃     184日分 第12級 〃     156日分
第6級 〃     156日分 第13級 〃     101日分
第7級 〃     131日分 第14級 〃      56日分

障害の程度を示す各等級の具体的内容は、厚生労働省の障害等級表に記載されています。>>>障害等級表を表示(新しいウィンドウ・タブに表示されます)

 

障害特別支給金

労災保険は、労働者と遺族の福祉の増進を図るため労働福祉事業を行っており、この労働福祉事業より特別支給金として保険給付の上乗せがあります。

上記の障害補償年金や障害補償一時金に加えて、障害特別支給金として以下の一時金が支給されます。

障害等級 支給額 障害等級 支給額
第1級 342万円 第8級 65万円
第2級 320万円 第9級 50万円
第3級 300万円 第10級 39万円
第4級 264万円 第11級 29万円
第5級 225万円 第12級 20万円
第6級 192万円 第13級 14万円
第7級 159万円 第14級 8万円

なお、ここでは触れませんが、この他にも、ボーナス(賞与)を基礎とする障害特別年金・障害特別一時金の支給があります。